JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 2002-4-1
発生年月日 2001年10月12日
区分 鉄道
発生場所 野田線 運河駅~梅郷駅間
事業者区分 大手民鉄
事業者 東武鉄道株式会社
事故等種類 列車火災事故
都道府県 千葉県
報告書(PDF) 公表
公表年月日 2002年10月25日
概要  船橋駅発大宮駅行き6両編成の上り第538列車の運転士は、運河駅を定時に発車後、速度約70km/hで進行中、後方屋根上で「ドン」という異音を感知したため、直ちに非常気笛吹鳴とともに非常ブレーキを操作して、運河駅~梅郷駅間の第184号踏切付近に列車を停止させた。
 停車後確認したところ、前から2両目の車両(5574号車)の車内及びパンタグラフ付近からの発煙を認めたため、消火器によって屋根上及び車内の消火作業を行った。その後も少量の発煙が続いていたため、き電停止後、消防車の放水を受けた。
 約100名の乗客及び乗務員に負傷者はいなかった。
原因  本事故は、車両の屋根上のパンタグラフ付近に設けられた避雷器の内部においてアークが発生し、地絡したことに起因し、同避雷器の取付け金具及び接地線付近に生じたアークが走行風の影響によりパンタグラフ支持部付近に転移して、屋根上から車内に至る火災が発生したことによるものと推定される。
 避雷器内部にアークが発生したのは、内部要素の押し付け力が不足していたことにより、車両の走行によって避雷器の内部要素に振動や偏心が生じ、それに起因して内部の金属が破断して接触し、短絡したことによるものである可能性が考えられる。
死傷者数 なし
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
備考
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。