JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 AA2013-4-2
発生年月日 2009年03月23日
発生場所 成田国際空港A滑走路
航空機種類 飛行機
航空機区分 大型機
型式 マクドネル・ダグラス式MD-11F型
登録記号 N526FE
運航者 フェデラルエクスプレスコーポレーション
事故等種類 着陸時の機体損壊及び火災
報告書(PDF) 公表説明資料
公表年月日 2013年04月26日
概要  フェデラルエクスプレスコーポレーション所属マクドネル・ダグラス式MD-11F型N526FEは、平成21年3月23日(月)06時49分(日本時間)ごろ、同社の定期FDX80便(貨物便)として成田国際空港滑走路34Lへの着陸の際にバウンドを繰り返し、左主翼が胴体付け根付近で破断して出火した。機体は炎上しながら左にロールして裏返しとなり、滑走路西側の草地に停止した。
 同機には、機長及び副操縦士1名が搭乗していたが、両名とも死亡した。
 同機は大破し、火災により機体の大部分が焼損した。
原因  本事故は、同機が、成田国際空港滑走路34Lに着陸した際、ポーポイズに陥り、3回目の接地時に左主脚から左主翼構造に伝わった荷重が設計値(終極荷重)を大幅に上回るものとなったため、左主翼が破断したものと推定される。
 同機は左主翼から漏れ出した燃料に着火して火災を起こし、左にロールしながら進み、同滑走路の左側にある草地に裏返しの状態で停止したものと推定される。
 同機がポーポイズに陥った直接的な要因としては、以下のことが推定される。
  (1)  1回目の接地前から接地後にかけて操縦桿を大きく前方に操作したため、1回目のバウンド中に急激に機首が下がり、この結果2回目の接地が前脚からとなって接地後に地面からの反力で機首が大きく上がり、2回目の大きなバウンドが生じたこと。
  (2)  2回目のバウンド中に、推力を使用せずにピッチ角の制御のみで同機をコントロールしようとして、操縦桿を大きく操作したこと。
 また、間接的な要因としては、以下のことが推定される。
  (1)  風向風速の変化や気流の乱れにより、速度やピッチ角が安定せず、降下率が大きな状態で進入したこと。
  (2)  フレアの開始が遅れ、急激で大きなフレア操作となり、1回目のバウンドが生じたこと。
  (3)  バウンド中のピッチ角の急激な変化により、運航乗務員がバウンド中のピッチ角と高度(主脚の滑走路高)を正確に判断することが困難であった可能性があること。
  (4)  PMのアドバイス、オーバーライド又はテイクオーバーが十分に行われなかったこと。
 なお、左主脚支持構造のヒューズ・ピンが破断し主脚が分離していれば、燃料タンクの損傷が軽減され、急速な火災の広がりが抑制された可能性があるものと考えられる。同ヒューズ・ピンが破断しなかったことについては、同機の型式証明(設計審査)において、審査当時の基準の解釈により、垂直方向が卓越した過大な荷重による破壊モードが想定されていなかったことが関与したものと考えられる。
死傷者数 2名死亡(機長及び副操縦士)
勧告・意見 安全勧告
情報提供
動画(WMV)
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。