JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 2003-3-2
発生年月日 2002年06月10日
区分 鉄道
発生場所 高砂車庫構内
事業者区分 大手民鉄
事業者 京成電鉄株式会社
事故等種類 鉄道物損事故
都道府県 東京都
報告書(PDF) 公表
公表年月日 2003年06月27日
概要  平成14年6月10日(月)、10時42分ごろ、京成電鉄株式会社高砂車庫において、出庫車両(8両編成、京成高砂駅10時45分発西馬込駅行き急行第1060K列車となる予定。以下「本件車両」という。)が、同車庫内の43号ハ分岐器(以下「本件分岐器」という。)付近を進行中、6両目の前台車第1軸及び第2軸が、右側に脱線した。
 脱線した車両は、京成高砂駅2番線に進入するまでの間、本線上にある分岐器等を破損しながら進行し、同駅到着時には復線していた。
 なお、本件分岐器では、本件車両が通過する直前にトングレールの保守のための研削作業が行われていた。
原因  本事故は、補修のために研削したトングレールの断面形状が適切でなかったことから車輪との接触点がフランジ先端に移行し接触角が大きく減少したこと、及び曲率半径の小さい円曲線終端が分岐器前端に接続されていたことに加え軌道を適切に整正できなかったことから、トングレール先端付近で右側車輪の輪重が減少し急曲線内で発生した横圧が残っていたことのため、車輪がトングレール上に乗り上がり脱線したことによるものと推定される。
 また、脱線後これに気付かず走行したために、本件分岐器、本線上にある分岐器4台及び可動式ダイヤモンドクロッシング2台を損傷させたものと推定される。
 なお、トングレールが適切な形状に削られなかったのは、研削作業に関する留意事項が作業者まで十分に浸透していなかった可能性が考えられる。
死傷者数 なし
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
備考
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。