JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 2003-3-3
発生年月日 2002年05月16日
区分 鉄道
発生場所 山陰線 出雲市駅構内
事業者区分 JR
事業者 西日本旅客鉄道株式会社
事故等種類 列車火災事故
都道府県 島根県
報告書(PDF) 公表
公表年月日 2003年06月27日
概要  西日本旅客鉄道株式会社の西出雲駅発出雲市駅行き7両編成の回送第4032M列車(以下「本件列車」という。)は、平成14年5月16日(木)、西出雲駅を定刻18時48分に出発し、出雲市駅に定刻18時53分に到着した。その際本件列車の3両目の屋根から炎及び黒煙が出ていたため、き電を停止した後、車両検修員数名が消火器を使用して消火作業を行った。
原因  本事故は、車体屋根上に搭載されたブレーキ抵抗器カバーの溶接工事を行った際、作業前に行うべき周辺機器の保護及び作業後の確認を確実に行わなかったことから、スパッタ等の飛散物がカバー内に落下したままとなっていたため、これが高電圧が印加されるブレーキ抵抗器周辺で絶縁破壊を誘発し、アーク放電が起こってブレーキ抵抗器の抵抗体及び車体屋根の外板を溶損させ、更に客室内部の天井板を焼損させたことによるものと推定される。
 作業前後の周辺機器等の保護や確認を確実に行わなかったのは、他の故障の修繕や改修工事等に併せて、急遽、溶接工事も行うこととなったために、作業計画を立てる者や溶接作業を行う者等が、工事全体の作業手順や作業内容の検討を十分行っていなかったこと、また、速やかに作業を終了して列車の発車時刻を遅らせてはいけないとの強い意識が関与したことが考えられる。
死傷者数 なし
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
備考
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。