JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 RA2016-8-3
発生年月日 2016年04月16日
区分 鉄道
発生場所 豊肥線 赤水駅構内 [熊本県阿蘇市]
事業者区分 JR
事業者 九州旅客鉄道株式会社
(法人番号 6290001012621)
事故等種類 列車脱線事故
都道府県 熊本県
報告書(PDF) 公表
公表年月日 2016年11月24日
概要  九州旅客鉄道株式会社の豊肥線熊本駅発宮地駅行き2両編成の下り気第443D列車は、平成28年4月16日(土)、赤水駅を1時24分ごろ出発した。
 列車の運転士は、列車が赤水駅の大分駅方分岐器を通過直後、突き上げられるような激しい揺れを感じるとともに、携帯電話からの緊急地震速報を示す音を認めたことから、非常ブレーキをかけて列車を停止させた。
 列車は、1両目(車両は前から数え、前後左右は列車の進行方向を基準とする。)の前台車全軸が右側に、2両目の前台車全軸が左側に、後台車全軸が右側に脱線していた。
 列車には、運転士1名が乗務していたが、負傷はなかった。また、列車は回送扱いとしていたことから、旅客は乗車していなかった。
 なお、同日1時25分ごろ、「平成28年(2016年)熊本地震」のうちの、熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生し、熊本県益城町で最大震度7の揺れが観測された。
原因  本事故は、列車が赤水駅構内を走行中に、「平成28年(2016年)熊本地震」のうちの、4月16日1時25分ごろに発生した地震による、大きな地震動を受けたため、1両目前台車全軸及び2両目後台車全軸の右車輪がほぼ同時に右レールに乗り上がって右側に脱線し、その後、2両目前台車全軸の左車輪が左レールに乗り上がって左側に脱線したことにより、発生したものと推定される。
 2両目前台車全軸の脱線については、1両目前台車第1軸が、脱線後に走行しながら踏切のコンクリートブロック製の舗装に乗り上げた衝撃により、列車が水平座屈し、2両目前台車によってレールに大きな左方向の荷重がかかり、レールを変形させたことから発生した可能性があると考えられる。
死傷者数 なし
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
備考
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。