JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 RA2016-7-1
発生年月日 2015年10月29日
区分 鉄道
発生場所 高森線 中松駅構内(単線) [熊本県阿蘇郡南阿蘇村]
事業者区分 中小民鉄
事業者 南阿蘇鉄道株式会社
事故等種類 列車脱線事故
都道府県 熊本県
報告書(PDF) 公表
公表年月日 2016年09月29日
概要  南阿蘇鉄道株式会社の高森線立野駅発高森駅行き2両編成の下り普通第19列車は、平成27年10月29日(木)、南阿蘇水の生まれる里白水高原駅を定刻(17時29分)に出発した。
 列車の運転士は、中松駅下り場内信号機の警戒信号を確認し、速度約20km/hで同駅構内の11号分岐器付近を走行中、異音を感じたためブレーキを使用したところ、更に大きな異音と揺れを感じて、列車は停止した。
 停止後に確認したところ、1両目の前台車(車両は前から数え、前後左右は列車の進行方向を基準とする。)全2軸が右に脱線し、1両目の後台車全2軸及び2両目の全軸は本来の進行方向である下り本線とは異なる分岐線側の上り本線に進入していた。
 列車には、乗客11名、運転士1名及び車掌1名が乗車していたが、死傷者はいなかった。
原因  本事故は、列車が場内信号機の警戒信号の現示に従い、分岐器の直線側に対向で進入した際、1両目の前台車第1軸の右車輪フランジが右基本レールと右トングレールの間に入り込み、1両目の前台車第1軸が左右の車輪内面で分岐器左右のトングレールを抱き込む状態となった後、1両目の前台車第2軸以降が本来の進行方向とは異なる上り本線側に進入したため、1両目の前台車全軸が右側に脱線し、1両目の後台車及び2両目の全台車が本来の進行方向とは異なる上り本線側に進入したことにより発生したと考えられる。
 1両目の前台車第1軸の右車輪フランジが右基本レールと右トングレールの間に入り込んだことについては、分岐器の右トングレールが定位側に接着しておらず、転換不良となっていた可能性があると考えられる。
 分岐器が転換不良となっていたことについては、分岐器ポイント部の床板への塗油の不足等により、トングレールと床板間の摩擦係数が増加したことで、発条転てつ機の転換力を超える転換負荷が発生したことによる可能性があると考えられる。
 また、分岐器が転換不良となっていたにもかかわらず、場内信号機に停止信号が現示されずに警戒信号が現示されていたことについては、分岐器の転換不良を検知する回路制御器のマイクロスイッチの接点が切り換わらず、導通している状態となり、トングレールの接着不良を検知できなかったことによるものと推定される。
死傷者数 なし
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
備考
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。