JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 RA2016-3-1
発生年月日 2015年02月13日
区分 鉄道
発生場所 山陽線 西阿知駅~新倉敷駅間(複線) [岡山県倉敷市] 八人山踏切道(第1種踏切道)
事業者区分 JR
事業者 西日本旅客鉄道株式会社
事故等種類 踏切障害事故
都道府県 岡山県
報告書(PDF) 公表
公表年月日 2016年03月31日
概要  西日本旅客鉄道株式会社の山陽線岡山駅発福山駅行き6両編成の下り普通電第1731M列車は、平成27年2月13日(金)、西阿知駅を定刻(8時19分)に出発した。列車の運転士は、速度約95km/hで惰行運転中、八人山踏切道の特殊信号発光機が停止信号を現示しているのを認めると同時に同踏切道内に停止している普通貨物自動車を認めたため、直ちに非常ブレーキを使用するとともに気笛を吹鳴したが間に合わず、列車は普通貨物自動車に衝突し、同踏切道から約210m行き過ぎて停止した。
 列車には、乗客約300名、運転士1名及び車掌1名が乗車していたが、このうち乗客44名(うち、重傷者1名)及び運転士が負傷した。普通貨物自動車の運転者は、衝突時に踏切外に退避しており、負傷しなかった。
 なお、列車は、1両目(車両は前から数え、前後左右は列車の進行方向を基準とする。)の車両前部及び1両目から2両目の車両右側の側面等が損傷したが脱線はしなかった。また、普通貨物自動車は大破したが、火災の発生はなかった。
原因  本事故は、普通貨物自動車が八人山踏切道内に停止していたため、進行してきた列車が同自動車と衝突したことにより発生したものと認められる。
 同自動車が同踏切道内に停止していたことについては、搭載されているトランスミッションで変速のための切替え時に異常が発生し、エンジンの動力が伝わらなくなったことによる可能性があると考えられるが、本件トラックのコントロールユニットの記録に時刻の記録がないこと及び本事故発生直前のトランスミッションの状態が不明であることから、このような事態が発生したと特定することはできなかった。
 同列車が同踏切道までに停止できなかったことについては、同列車の運転士が同踏切道の支障にすぐに気付けなかったことによるものと推定される。また、同運転士がこの支障にすぐに気付けなかったことについては、同踏切道の下り列車に対する特殊信号発光機が沿線の電化柱の死角に入り、下り列車の運転士が同特殊信号発光機の停止信号の現示を確認できない区間が300m以上にわたり存在したことが関与した可能性があると考えられる。
死傷者数 負傷45名(乗客44名及び運転士)
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
備考
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。