JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 RA2014-4-1
発生年月日 2013年03月02日
区分 鉄道
発生場所 奥羽線 神宮寺駅~刈和野駅間 [秋田県大仙市]
事業者区分 JR
事業者 東日本旅客鉄道株式会社
事故等種類 列車脱線事故
都道府県 秋田県
報告書(PDF) 公表説明資料
公表年月日 2014年04月25日
概要  東日本旅客鉄道株式会社の東京駅発秋田駅行き6両編成の下り特急第3025M列車(こまち25号)は、平成25年3月2日(土)、大曲駅を定刻(15時25分)より約28分遅れて出発した。列車の運転士は、雪の影響で列車の速度が低下すること及び閉そく信号機に注意信号が現示されていたことから、力行ノッチの入り切りを繰り返しながら列車を運転し、神宮寺駅~刈和野駅間の直線区間を速度約20km/hで力行運転中、運転台右下から衝撃を伴う異音を感知したため、直ちに常用ブレーキ(常用最大)を使用して列車を停止させた。列車の停止後、車両点検をしたところ、1両目の前台車第1軸(車両は前から数え、前後左右は列車の進行方向を基準とする。)が進行方向左側に脱線していた。
 その後の調査により、1両目の前台車第1軸は左へ約25mm、第2軸は左へ約20mm脱線していることを確認した。
 列車には、乗客125名、乗務員3名及び車内販売員2名が乗車していたが、死傷者はいなかった。
 
原因  本事故は、三線軌道区間の吹きだまりの発生しやすい要注意箇所において、特急列車が車両の下部に大量の雪を抱き込み車体が押し上げられた状態となったため、通常の加速が得られない状況で力行運転中に、1両目の前台車第1軸の左車輪及び第2軸の左車輪が、それぞれ標準軌用レールに滑り上がるように乗り上げて左に脱線したものと考えられる。
 本事故が発生した背景としては、事故現場付近が防風柵などの風を遮る設備がない環境で、例年よりも多い積雪量及び事故当日の降雪並びに強風により、事故発生前の短時間で吹きだまりが大きくなったこと、かつ、三線軌道の標準軌用レール側は、狭軌用レール側より軌道から側雪までの間隔が近いため、雪が残りやすい状況であったことが影響したものと考えられる。なお、狭軌用レールと標準軌用レールの間の雪も影響した可能性があると考えられる。
死傷者数 なし
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
備考
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。