JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 RA2015-9-2
発生年月日 2012年09月11日
区分 鉄道
発生場所 江差線 釜谷駅~泉沢駅間(単線)[北海道上磯郡木古内町]
事業者区分 貨物鉄道
事業者 日本貨物鉄道株式会社
事故等種類 列車脱線事故
踏切区分
人の死傷
都道府県 北海道
報告書(PDF) 公表説明資料
公表年月日 2015年12月17日
概要  日本貨物鉄道株式会社の五稜郭駅発宮城野駅行き21両編成の上り高速貨第2050列車は、平成24年9月11日(火)、五稜郭駅を定刻(17時56分)より1時間2分遅れて(18時58分)出発した。泉沢駅の上り出発信号機付近で非常ブレーキが掛かり停止したため、輸送指令の指示により運転士が降車して列車を点検したところ、9両目貨車(車両は機関車を含めて前から数え、前後左右は列車の進行方向を基準とする。)と10両目貨車の間にあるブレーキ管ホースの連結器が外れており、9両目貨車の後台車全2軸が左側に脱線しているのを発見した。
 列車には、運転士1名と青森信号場から五稜郭駅まで運転する予定の運転士1名の2名が乗車していたが、負傷はなかった。
原因  本事故は、列車が半径300mの右曲線を通過した際に、事故現場付近においてコキ106形式の貨車後台車第1軸の外軌側の輪重が減少し、外軌に乗り上がったことにより脱線したものと考えられる。
 外軌側の輪重が減少したことについては、事故現場付近において貨車に発生したと考えられる大きなロール振動によるものと考えられる。
 貨車に大きなロール振動が発生したことについては、運転状況、車両及び軌道の状況は、省令に基づいて定められたJR貨物及びJR北海道の基準等に則った状態であったが、
(1) コキ106形式の懸架装置の仕様は、積荷が比較的軽量であった場合、コキ104形式と比較して減衰が小さくなり、車体のロール振動が収束しにくいものであったこと、
(2) 積荷が比較的軽量であり、重心が高い状態であったこと、
(3) 事故現場付近における複合変位は、整備対象に近い比較的大きな変位量であったこと、走行速度に対して車体のロール振動の共振が生じやすい波長成分を含んでいたことが、車体のロール振動の発生を助長させた可能性があることから、これらの要因が重畳したことによるものと考えられる。
死傷者数 なし
勧告・意見(建議) 本事故に関連して国土交通大臣に提出した意見(貨物列車走行の安全性向上に関する意見について)
情報提供
動画(MP4) 数値シミュレーションによる車両と車輪の挙動(45秒)
数値シミュレーションによる車両と車輪の挙動(スロー)(21秒)
備考
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見(建議)欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関等への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関等への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。