JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 RA2009-5-2
発生年月日 2008年10月23日
区分 鉄道
発生場所 西名古屋港線 名古屋駅構内 [愛知県名古屋市]
事業者区分 中小民鉄
事業者 名古屋臨海高速鉄道株式会社
事故等種類 列車脱線事故
都道府県 愛知県
報告書(PDF) 公表
公表年月日 2009年05月29日
概要  名古屋臨海高速鉄道株式会社の西名古屋港線(あおなみ線)名古屋駅発金城(きんじょう)ふ頭駅行き4両編成の下り301H列車は、平成20年10月23日(木)、ワンマン運転で名古屋駅1番線から定刻(5時30分)に出発した。列車の運転士は、出発後急に非常ブレーキがかかり、約230m走行した付近で列車が停止したため、車両を確認したところ、4両目(車両は前から数え、前後左右は列車の進行方向を基準とする。)の全4軸が脱線していた。
 列車には、乗客約25人及び運転士が乗車していたが負傷者はなかった。
原因  本事故は、本件運転士が手歯止めを撤去しないで、本件列車を出発させたため、手歯止めに車輪が乗り上げ、本件列車4両目の後台車第2軸が右に脱線したことにより発生したものと考えられる。
 その後、後台車第2軸が脱線した状態で走行したことにより、後台車第1軸が左に脱線し、右に脱線していた後台車第2軸も分岐器通過時に左右レールに乗り上げて左に脱線したものと考えられる。さらに、4両目が左に傾いたことにより、前台車全2軸の右車輪が浮き上がり脱線したものと考えられる。
 本件運転士が手歯止めを撤去しなかったことについては、運転士作業要領によらず、自身の経験による判断で出区点検作業を行ったことにより、撤去を失念した可能性があると考えられる。
死傷者数 なし
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
備考
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。