JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 62-5-4
発生年月日 1985年12月03日
発生場所 宮城県仙台空港
航空機種類 飛行機
航空機区分 小型機
型式 パイパー PA-23-250
登録記号 JA5259
運航者 日本航空株式会社
事故等種類
報告書(PDF) 公表
公表年月日 1987年09月25日
概要 日本航空株式会社所属パイパー式PA-23-250型JA5259は、昭和60年12月3日仙台空港の滑走路12において、連続離着陸訓練のため、接地後の滑走中、前脚が引っ込み、その後約400メートル滑走して、11時05分ごろ同滑走路にかく座停止した。
同機には、機長及び訓練生の2名が搭乗していたが、死傷者はなかった。同機は、中破したが、火災は発生しなかった。
原因 本事故の原因は、機長が、同機の前脚がダウン・ロックに入っていないことに気付かず着陸したことによるものと推定される。
なお、脚下げ操作を行った際に前脚がダウン・ロックに入らなかったのは、前脚がダウン・ロックに入る前に系統の作動油圧がディテント・リリース・プレッシャに達したことによるものと考えられるが、その理由を明らかにすることはできなかった。
死傷者数
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。