JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 AI2012-5-1
発生年月日 2010年08月15日
発生場所 仙台空港の西約11km上空、高度約5,500ft
航空機種類 飛行機
航空機区分 大型機
型式 ダグラス式MD-90-30型
登録記号 JA002D
運航者 株式会社日本航空インターナショナル
事故等種類 発動機内火災発生
報告書(PDF) 公表
公表年月日 2012年06月29日
概要  株式会社日本航空インターナショナル所属ダグラス式MD-90-30型JA002Dは、平成22年8月15日(日)、同社の定期3538便として、福岡空港に向けて16時08分に仙台空港を離陸したが、離陸上昇中の16時10分ごろ、高度約5,500ftにおいて、右エンジンの火災警報装置が作動したため緊急事態を宣言し、右エンジンを停止させるとともに消火装置を作動させ、仙台空港に引き返し、16時23分に着陸した。着陸後、右エンジンカウル内の熱損傷が確認された。
 同機には、機長ほか乗務員4名、乗客106名の計111名が搭乗していたが、負傷者はいなかった。
原因  本重大インシデントは、同機が離陸中に、右エンジンの第4ベアリング・スカベンジチューブが破断したため、第4ベアリング・スカベンジチューブがディフューザーケースから抜け出し、抜け出た開口部から噴き出たエンジンオイルがエンジン高温部に接触して、火炎が発生したものと考えられる。
 第4ベアリング・スカベンジチューブが破断したのは、エンジンの運転に伴う繰り返し応力により第4ベアリング・スカベンジチューブに破壊起点が発生し、疲労破壊が進展したことによるものと推定される。
死傷者数 なし
勧告・意見 安全勧告
情報提供
動画(WMV)
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。