JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 AI2009-6-1
発生年月日 2007年12月18日
発生場所 島根県出雲空港滑走路付近
航空機種類 飛行機
航空機区分 大型機
型式 サーブ・スカニア式SAAB340B型
登録記号 JA001C
運航者 日本エアコミューター株式会社
事故等種類 滑走路逸脱
報告書(PDF) 公表
公表年月日 2009年08月28日
概要  本件は、航空法施行規則第166条の4第3号に規定された「滑走路からの逸脱(航空機が自ら地上走行できなくなった場合に限る。)」に該当し、航空重大インシデントとして取り扱われることとなったものである。
 日本エアコミューター株式会社所属サーブ・スカニア式SAAB340B型JA001Cは、平成19年12月18日(火)11時26分ごろ、同社の定期2345便として出雲空港滑走路25に着陸した際、同滑走路右側(北側)に逸脱し、さらに右側に偏向しながら走行し、エプロン上で停止した。
 同機には、機長ほか乗務員2名、乗客34名の計37名が搭乗していたが、負傷者はなかった。
 同機は小破したが、火災は発生しなかった。
原因  本重大インシデントは、同機において、接地とほぼ同時に左プロペラがコースン・ピッチとなり、走行中に右方向に機首が偏向していった際に、偏向を止め、さらには修正するために必要な操縦操作が行われなかったため、滑走路から逸脱し、前脚が破損して、自ら地上走行できなくなったものと推定される。
 左プロペラがコースン・ピッチになったことについては、接地前に行われたパワーレバー操作によりオートコースンが作動したことによるものと推定される。
 なお、前脚の破損は、滑走路に平行して設けられた排水溝に衝突したことによるものと推定される。
死傷者数 なし
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。