JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 59-5
発生年月日 1983年05月19日
発生場所 新潟県新潟空港北17kmの海上
航空機種類
航空機区分 回転翼機
型式 ベル 206B
登録記号 JA9109
運航者 朝日航洋株式会社
事故等種類
報告書(PDF) 公表
公表年月日 1984年11月22日
概要  朝日航洋株式会社所属ベル式206B型JA9109(回転翼航空機)は、昭和58年5月19日12時25分ごろ写真撮影のため、新潟空港北方約17キロメートルにある阿賀沖石油採掘塔(プラットホーム)の北東約360メートルの海上を高度約350フィートでホバリング中右旋転状態に陥り、回復しないまま着水し水没した。
 同機には、機長ほか同乗者3名が搭乗していたが、全員が重傷を負った。
 同機は、大破したが火災は発生しなかった。
原因  本事故の原因は、左から10ノット以上の横風を受け、かつ、左横進運動をしている状態で機長が地面効果外のホバリングを行おうとしたため、テール・ロータが低高度においてボルテックス・リング状態に陥ったことによるものと推定される。
死傷者数
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。