JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 AI2012-1-1
発生年月日 2010年07月28日
発生場所 成田国際空港の東南東約46km、高度約11,700ft
航空機種類 飛行機
航空機区分 大型機
型式 ボーイング式777-200型
登録記号 N219UA
運航者 ユナイテッド航空株式会社
事故等種類 発動機破損
報告書(PDF) 公表
公表年月日 2012年01月27日
概要  ユナイテッド航空株式会社所属ボーイング式777-200型N219UAは、同社の定期852便として、平成22年7月28日(水)17時58分、成田国際空港からサンフランシスコ国際空港へ向け離陸して上昇中、18時04分ごろ、成田国際空港の東南東約46km付近の海上上空で右エンジンが停止したため、成田国際空港へ引き返し18時46分に着陸した。
 同機には、機長、副操縦士2名、客室乗務員12名及び乗客255名の計270名が搭乗していたが、負傷者はいなかった。
原因  本重大インシデントは、同機が離陸後の上昇中、右エンジンのインレットガイドベーンのシンクロナイジングリングに連結したレバーアームが外れた結果、エンジン内部の空気流に脈動が発生してエンジン内部に大規模な破損が生じたことによるものと推定される。
 レバーアームが外れたことについては、レバーアームの回転軸となっている部品番号54H727のピンとインレットガイドベーンのシンクロナイジングリングの溶接部が破損したことが関与した可能性が考えられる。
 溶接部が破損したことについては、インレットガイドベーンのシンクロナイジングリングの修理時に同ピンのフレア及び溶接作業が適切に行われていなかった可能性が考えられる。
死傷者数 なし
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。