JSTB 運輸安全委員会

概要

報告書番号 RA2017-9-2
発生年月日 2016年10月06日
区分 鉄道
発生場所 市橋線 乙女坂駅~美濃赤坂駅間(単線) [岐阜県大垣市]
事業者区分 貨物鉄道
事業者 西濃鉄道株式会社
(法人番号 2200001013813)
事故等種類 列車脱線事故
都道府県 岐阜県
報告書(PDF) 公表
公表年月日 2017年12月21日
概要  西濃鉄道株式会社の市橋線乙女坂駅発美濃赤坂駅行き、ディーゼル機関車1両、貨車24両の25両編成の上り1022列車の運転士は、平成28年10月6日(木)、乙女坂駅を8時8分に発車し、美濃赤坂駅の手前で速度が通常時より減速するのを感じたので後方を確認したところ、貨車が斜めになっていたため、直ちに非常ブレーキを使用して列車を停止させた。
 運転士が列車を確認したところ、貨車が脱線していたので、美濃赤坂駅長等の関係者へ連絡した。美濃赤坂駅長が現場の状況を確認したところ、11両目(車両はディーゼル機関車を含めて前から数え、前後左右は列車の進行方向を基準とする。)の貨車の後台車全2軸及び12両目の貨車の全4軸が左に脱線していた。
 ディーゼル機関車には、運転士1名、駅係員1名及び構内誘導係2名が乗車していたが、死傷者はいなかった。
原因  本事故は、列車が半径201mの右曲線を通過中に、12両目の貨車の前台車前軸の右車輪が軌間内に脱線し、軌間を広げながら走行した後、同軸左車輪が左レールに乗り上がって脱線し、その後、11両目の貨車の後台車前後軸、12両目の貨車の前台車後軸及び後台車前後軸が脱線したものと考えられる。
 12両目の貨車の前台車前軸の右車輪が軌間内に脱線したことについては、軌間変位が大きかったことに加え、連続したまくらぎの劣化や犬くぎの浮き上がり等によりレールの支持力が低下し、列車の走行により軌間変位が拡大したため、同軸の右車輪が内軌(右レール)を外れて落下したことにより発生した可能性があると考えられる。
 軌間変位が大きかったこと及び列車の走行により軌間変位が拡大したことについては、軌間変位に関する整備を実施する明確な管理基準がなかったことや、レールフロー、まくらぎ及び犬くぎ等の保守状態の把握と、それに応じた整備が十分に行われていなかったことが関与したものと考えられる。
死傷者数 なし
勧告・意見
情報提供
動画(WMV)
備考
  • ※報告書に勧告等が含まれる場合は、勧告・意見欄に文言が表示されます。クリックすると、「勧告・意見」ページが表示されます。
  • ※関係行政機関への情報提供がある場合は、情報提供欄に文言が表示されます。クリックすると「関係行政機関への情報提供」ページが表示されます。
  • ※動画がある場合は、動画欄にタイトルが表示されます。
    なお、動画はWMV形式でデータ速度は1000kbpsです。